大人になるとどうしても新しい人脈は出来ないものです。また、年をとるにつれて次第に昔の友人とは疎遠になるものですから、40代以降の人は、すごく人とのつながりを求めているところがあるでしょう。

そんな悩みを解決してくれるのが、社会人サークルです。ここではそんな、社会人サークルに入るメリットを紹介します。

意外と同年代が多いので同年代の友人が出来る

40代で社会人サークルに入るというのは、いささか遅すぎるのではないかと思う人もいるでしょう。でも、実はまったくそんなことはありません。と言うのも社会人サークルには、30代40代の大人の人がメインで構成されているものがほとんどなのです。

それは当然でしょう。自分が、40代になり、周りの友達と疎遠になり、日々寂しい時間を過ごしているのとまったく同じように、同年代の人もそんな寂しい思いを感じて日常を過ごしているのです。そういう人たちが、社会人サークルに集まるのは、ごくごく自然な流れだと言えるでしょう。

そしてそんな風に同年代の人がたくさんいるのですから、同年代の友人が新たに出来ることになります。なかなか40代になって同年代の友人が出来ることなどありません。そもそも出会いがありませんから。

しかし社会人サークルにはいれば、同年代の人など山ほどいるので、なかには気の合う人もいるはずです。そうして、同年代の友人ができていけば、後輩や部下、あるいは上司には話しづらい仕事の愚痴なども言える相手が出来るでしょう。

同年代がたくさんいるので入りづらさもない

やはり、もし同年代がいないのであれば、40代の人は入りづらさを感じるでしょう。しかし、実際には同年代の方はたくさんいるわけなのですから、入りづらさを感じることはないでしょう。

40代であっても、まったく問題なく参加できるのです。むしろ同年代がたくさんいて居心地の良さを感じるかもしれません。それも、社会人サークルならではのメリットだと言えます。

新たな事に興味が持てるようになる

社会人サークルのメリットとして、新たなことに興味が持てるようになるという事も挙げられます。社会人サークルというのは、ある一つの事をやるというよりは、色々な事をやるサークルだと思っていた方が正しいです。

大学で言うところのオールラウンドサークルに近いところがあります。なので、たとえばフットサル大会をすることもあれば、バーベキューや温泉旅行、あるいはスノーボードやスキーなど、色々なイベントが年中行われています。

その中から少し興味を持ったモノに参加するというのが、基本スタイルになります。そうしていろいろなイベントがあるということは、「今までそこまで興味がなかったけど、せっかくだから行ってみようかな」と思う事もあるでしょう。

それでいざやってみたら、思いのほか楽しくて新しい趣味が出来ることがあります。そうして新しい趣味ができれば、それを通じて仲の良い人もできるでしょうし、たとえそいう人ができなくても、趣味にのめり込むことが出来るので、日常においての満足度は高くなるでしょう。

仕事への刺激も受けられる

社会人サークルには40代くらいの、同年代の人がたくさんいると説明してきました。そうして同年代の人がたくさんいる中では、共通の話題を探すために仕事の話をする事もあるでしょう。

そうして仕事の話をしているうちに、同年代の人は、どんな事を考えながら仕事をしているのかとか、そういうことが分かるようになるでしょう。それが分かれば、当然こちらはそれに刺激を受けるようになります。

そして、さらに仕事に対するやる気が出てくるはずです。そんな風に、仕事に対しても良い影響を与えてくれる可能性が高いのが、社会人サークルなのです。

仕事に繋がることもある

また、そこでの出会いが仕事に繋がることもあるでしょう。40代と言うとある程度の決定権があるポジションの人も多いでしょう。なので、そこで良い出会いがあれば、それがそのまま仕事に繋がることだって全然あるのです。

もちろんそれ目的で社会人サークルに行くと、純粋に友達を作ろうとか楽しもうと思っている人達に煙たがられる可能性も高いので、それはおすすめできませんが、そんな出会いがあるというのは、一つのメリットであることは間違いないでしょう。

まとめ

40代の人は社会人サークルに入ることに不安もあるでしょうが、上記の通り、40代の人もたくさんいますし、メリットも色々あるので、すごく効果的だと言えるでしょう。何もない日常に変化を付けるのに、これ以上適したものはないはずです。