40代 生き方

40代というのは仕事をしている人も子育てしている人も、ひとまず安定した生活が送れるようになっている年代です。

40代であれば仕事も管理職を任されている可能性がありますし、子育て中の40代であれば、子供に手がかからなくなり安定した生活を送れるようにもなっているものです。

そうした体・精神的にも余裕ができることで、生き方というのを再度考えるような人もいるものです。

別の人生もあったのではないか、と思うこともある

40代になって自分の生き方というのを振り返って考えるようになると、仕事ばかり頑張ってきたような人であれば結婚すれば良かったと思うことがあったり、仕事よりも育児に専念してきたような人であれば、もっと仕事を頑張ってみたかったと、後悔にもなるようなことを思うこともあるものです。

人間というのは欲張りな生き物ですから、今の生活に満足していても他人の生き方というのがうらやましくもなってしまうものです。

子供もいて仕事も頑張って、育児と仕事を両立してきたような人であっても、どちらも中途半端になってしまったと思うことがあるものです。

40代になると今までの自分の生き方に疑問を持つこともありますが、その疑問を解決することもできる年代ですから、40代で生き方を考えることによってその後の人生が変わるということもあるでしょう。

生き方を変えるということで離婚という選択も

40代になると、若い頃は許せないと思ったことが許せるようになったり、人生経験が多いことで寛容になれるということもあるものです。

40代になって若い頃とは違うイメージになっている人というのもいるものです。そして、そうした性格やイメージが変わることによってガラリと生活を変える選択をする人というのもいるものです。

40代になって結婚生活がマンネリ化してくると、その先もずっとこんなマンネリ生活が続くということで嫌気がさしてしまうことというのもあるものです。

マンネリというのは良い言い方をすれば波のない安定した生活ですが、40代であればまだ半分以上も人生が残っているので、この先もこんな生活がずっと続くかと思うと気力を失ってしまうこともあるものです。

そうした脱力感を感じる生活から抜け出すためにも、離婚を決意する人もいます。

40代でこれからの生き方を考えるということは、高齢化していく自分の将来を考えることでもありますから、明るい未来のために離婚をするということもあるものです。

子供以外の楽しみを見つけようとする人もいる

今まで育児を頑張ってきた40代であれば、40代になって子供に手がかからなくなると、自分のことにも気が回るようになります。

子供以外の楽しみを見つけようとして自分探しをする人というのもいるものです。また、自分のこれからの生き方を考えて資格取得をする人もいます。40代だからといって諦めるのではなく、前向きに行動していく人も多いです。

それは高齢化社会の今では40代はまだまだ若い年代に当たるから、ということもありますが、部活やバイト、勉強を頑張る自分の子どもに影響されて自分ももう一度頑張ってみようと考えるケースも少なくないです。

自分の子供を育てていく中で自分の学生生活を思い出す人というのは少なくなく、自分が学生の時に挫折したものにもう一度チャレンジしてみる人もいます。自分の子供を見て自分のこれからの生き方を考える人というのもいるでしょう。

健康面も考えながら生き方を考えるようになる

20代、30代の頃は無理なくできたようなことも、40代になるとできなくなってしまうことというのはあるものです。特にダイエットは40代になって急に痩せにくくなるということも多いです。

若い頃は難なくできたこともできなくなってしまったことで、40代という年齢、そしてこれからの年齢を考えることもあるものです。

生き方を考えるにも、健康であることが大事ですし、健康でないとできないことというのはたくさんあります。

グルメを楽しむにもスポーツを生きがいにするにも健康であることが基本ですから、40代で身体の変化を意識するようになったら健康のことを意識することが必要です。

食べるものはもちろん、運動量や体質改善、生活習慣の乱れもなくすようにすることが大事です。健康であるかどうかが生き方に大きく影響していくといっても良いでしょう。

40代というのは今までの生き方を振り返る年代でもありますし、またこれからの生き方を考える年代でもあります。長く迷っていることがあれば大きな決断をするにも良い年代なのだということもできるでしょう。